電磁波の危険性とは?

有害電磁波の対策

現在、都会に住んでいる人は、低周波~高周波まで多様で膨大な電磁波にさらされる状態です。
本人に自覚がなくても、実は電磁波の影響だったということも少なくありません。
しかし日本の法律では、因果関係が十分に証明されてないとして、電磁波から守る規制はとても甘いです。
ですから私たちは、自発的に電磁波や化学物質などから身を守る必要があるのです。

電磁波過敏症や電磁波の原因説のある症状や病気

自律神経失調症、眼精疲労、不眠、めまい、頭痛、うつ、息苦しい、動悸、鼻血、耳鳴り、慢性疲労、アレルギー、ガン、白血病不妊、先天異常、死産など
特に睡眠中は無防備に電磁波の影響を受けやすいと言われており、寝室の電磁波チェックと対策はぜひ行いましょう。
妊婦(胎児)や子供は細胞分裂がさかんなので、電磁波の影響を受けやすいです。 要注意!

電磁波は目に見えませんから、正確な電磁波の測定を行い、的確な対策をすることが重要です。
電磁波対策用品として多くのグッズも出回っていますが、本来は正確な電磁波測定を行ってから、ふさわしい対策商品を選ぶことです。

木造2階の電磁波 セミナーデモの様子をご覧ください↓

有害電磁波の発生源とその影響

自然界の電磁波と違い、人工的な電磁波の多くはバランスが崩れていて人体に有害なものが多いです。
私たちのさらされる有害電磁波には次のようなものがあります。
特にIH器具やインバーター変換、パルス状、デジタル化された電磁波は要注意です。
電場:パソコン、ゲーム機、コピー機、冷蔵庫、電子レンジ、電気毛布、ホットカーペット、電気式床暖房、屋内配線など

磁場:電磁(IH)調理器、ドライヤー、電気毛布、ホットカーペット、電気式床暖房、屋内配線、ハイブリッドカー、送電線、変電所、電車の線路など

マイクロ波:無線LANルーター(Wi-Fi含)、コードレス電話(特に親機)、スマホ・携帯電話・タブレットPC(本体と基地局から)、電子レンジなど
屋内配線など、隠れた電磁波発生源もあります!
木造の2階以上に住んでいる人は床下配線からの電磁波にも要注意です。

電磁波はチャクラから体内に入り、気の流れをブロックしてしまいます。
それによって頭痛や目の症状だけでなく、慢性疲労症候群や様々な自律神経症状までも引き起こされます。
体内に蓄積した電磁波の影響は、西洋医学では測定できませんが、レイキヒーラーの手に伝わる波動で分かります。
レイキヒーリングなどで、体にたまった電磁波を浄化することも可能ですが、それだけでは一時しのぎになります。

やはり日頃過ごしている自宅や職場の電磁波環境改善が不可欠です。

当院は、院長自身が電磁波測定士の資格を持っており、専門家の立場から、電磁波測定・対策のアドバイスを積極的に行っております。
また当社は日本電磁波協会のアースステーション(電磁波の相談窓口)として認定されています。

具体的な電磁波対策

①これ以上有害な電磁波を多く浴びないように身の回りの電磁波対策をする

・アース接続可能な家電製品には必ずアースを!
(ノートパソコンでもUSBの外側等からアースをとれます)

・使用中に距離をおけるものは、できるだけ離れて使う。

・使わないときはスイッチ付コンセントで切るか電源プラグを抜く(省エネにもgood)

・アースも距離もとれない家電には、電磁波の質を変換する器具を使用。
(グリーンエイトシリーズ、ミニロゴストロンなど)

・携帯電話はイヤホンマイクを使うか、SAR値の小さい機種へ買い替える。
子供には極力携帯電話を使わせないこと(PHSはSAR値が一般携帯電話の1/10程度です)。
スマートフォンの電磁波は特にきついので、せめてグリーンエイトSを貼っておくとよいでしょう。

・電気毛布の代わりに、遠赤外線を反射する敷パッドや湯たんぽを使う。

・寝床の下にはアースインナーニット(アース接続して)を敷く。

・電磁波対策をしづらい外出時には「グリーンエイトペンダント」等のグッズを身に付けて電磁波を和らげる。

②体に溜まった電磁波などのネガティブエネルギーを除去する

・電磁波放電カードの活用

・ミネラル(天然岩塩、化石サンゴなど)を十分に入れたお湯で、入浴や足湯を行うと帯電した電気が流れやすい。

・レイキヒーリング、ごしんじょう療法、頭蓋仙骨療法などを受けることで電磁波などによる頑固なエネルギーブロックを解消しやすくなります。

電磁波測定や対策のご相談は 「電磁波環境改善アースハピネス」をご覧ください。

自分の携帯電話のSAR値を知りたい方はこちら

電磁波放電カードとその使い方電磁波放電カードを手ににぎってネガティブエネルギーを解放

インターネット電磁波教室

電磁波のことが気になる方はぜひご登録ください。電磁波測定士や治療家の活動から得られた生のノウハウなどを無料で毎月お届けします。